1本2万円のローションには手を出せないけどやる気はみなぎりました

お化粧自体に興味が無い訳ではないですし、少しでもお化粧で綺麗に見えたらと日々努力しているつもりです。

でもこの動画を初めて見たとき、何か打ちのめされてしまいました。

使用されていた化粧品のお値段にもうびっくりです。

ローションが2万円!その価格を見ただけで、ひえーと腰が引けてしまい、その後の動画の内容はあまり入って来なかった程です。

しかし、動画を見終わり、ちょっと落ち着いたらむくむくと興味が湧いてきて再び再生しました。

今度は細かいところまで見逃さないぞ!と気合いを入れて見ました。

だって本心を言えば高い化粧品にも、ちょい足しのメイク術もめちゃくちゃ興味あります。

私には1本2万円もする化粧品は逆立ちしたって買えません。

いっつも安いもので済ませています。

何せ化粧品を買うのは、ドラッグストアが基本ですから。

基礎化粧品もファンデーションもチークもマスカラも何でもドラッグストアです。

いや、私だけに限らず、美容にかなり手間とお金をかけていて、化粧品を買うのはデパートという友人でさえ、こんな高価なものを使っている人はいないんじゃないかと思います。

だけど、もしお金に余裕があって、値段を気にせず化粧品を選べるとしたら、私は高価な化粧品を選びますよ、間違いなく。

頼れる物は全て頼りますし、高価なものってやはり効果も高いし、それを使うという行為自体が気分をアゲてくれますから。

それにしてもオシャレ賢者というネーミングは秀逸ですね。

「貯金と一緒で早めの方がいい」とか「巻き戻せるのが、B.A」とかキラーワードが次々出てくるあたり、さすがだなあと思いました。

その気になってしまいます。

でも美容ってそれが大事なんじゃないかと常々感じています。

私の場合、その気になって取り組まないとすぐに雑なルーティンワークになってしまいがちなのが日々のお化粧です。

ビフォアー・アフターの映像はそれを痛感させてくれました。

どのパーツを見ても輝きが全然違います。

いくつになってもメイクに対する向上心を持つようにしようと思いました。

そうは言ってもさすがに2万円はすぐには手が出せないですけど。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ