フェイシャルマッサージとはエステと違うのか?


私自身も最近では、フェイシャルマッサージにハマっています。

友達に誘われて一回試しに体験したことがきっかけです。

以来、ひと月に2回から3回のペースでエステサロンに通っています。

昨今においては、美容意識の高まりにより、男性がエステサロンに平気でいくようなりました。

私自身もその傾向は感じています。

以前は、なんとなく、男性にとっては、近寄り難い存在でしたが、今となっては、男性をターゲットにした施術サービスも多くあります。

最近では、公共交通機関である、電車内において、たくさんのエステブランドが宣伝広告活動を行っています。

その対象になっているのは、どうやら男性も多いようです。

この動きについては、さまざまな要因もあるとされています。

日本が抱える課題ともいえる、人口減少傾向もその一つといわれています。

従前のような若い世代の女性のみを意識した商品やサービスだけでは、生き残ることができなくなったといえるでしょう。

そんな中において、男性やシニア世代といった新しい顧客層の獲得が急務になってきているのではないでしょうか。

私自身も、そんな企業の策略に思いっきりハマっていますが、やはり良いものは良いとして、自分にとり入れたいと思っているのです。

今般では、男性の身だしなみに女性からの厳しい視線が注がれているというので、会社に行くときには、自然と気合が入ります。

ファッション性やデザイン性に長けたものをなるべく選ぶようにしているのです。

その際には、なるべく、妻の意見は聞かないようにしています。

妻は、やはりどこかの部分で節約志向がありますので、少し特別扱いしています。

この前も、私のオシャレに否定的な意見をしていました。

むろん、フェイシャルマッサージは、妻には内緒で行っています。

自分の自由になる金額の範囲以内でやっていることですから、文句はいわれませんが、バレると何かとうるさいと思いますので、今後も自分一人の楽しみにします。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ