フェイシャルのニキビは食生活の改善から見直そう


大人になっても時々できちゃうニキビはなかなか治らずその上ニキビ痕もできてしまう困りものです。

いろいろなお薬で治したり化粧品で予防していても生理前やストレスでできちゃいます。

洗顔が大切と情報を得れば洗顔フォームを買いあさりフェイシャルケアに気をつけていました。

それでもできちゃうニキビどうしたら少しはましになるのかといろいろ見直してみるとわたしは運動が嫌いで食事はお肉ばかりの偏った食事が多くおかしが大好きでほぼ毎日チョコレートを食べていました。

これじゃ最悪です。

誰が聞いてもフェイシャルケアに気をつけているとは思わないですね。

というわけで運動はさておき食生活から見直し野菜中心の食事にかえてみました。

お肉やお魚は必ずそえますがサラダや煮物と冬なんかは鍋にして野菜を沢山摂りました。

朝はフルーツやヨーグルトを食べます。

ヨーグルトは便秘解消にとてもききます。

やはり便秘だと肌がくすんだりニキビができやすくなります。

私は快便になってから肌につやがでてくすみがなくなりました。

美肌は内蔵から作られると痛感させられました。

いろんなフェイシャルケアを試すよりも口から入る食べ物を気をつけいらない毒素を出すというシンプルな方が健康的な感じがします。

健康といえば適度な運動ですね。

わたしは冒頭でもあるように運動が嫌いです。

走るのなんてもってのほかという人間でしたが美肌作りの為にウォーキングからはじめてみました。

はじめは二キロほど歩きましてだんだん増やし今では時間があるときは五キロ歩きます。

好きな音楽を聞きながら景色を見て歩きます。

今まで気がつかなったものや近所の人々とも挨拶をするようになり歩くのが楽しくなっていました。

冬は寒いから休日は部屋からでない日もあった時がうそのようです。

だんだんとニキビの話から遠のいていますが私が言いたい事は食べるものに関しても毎日を丁寧に楽しく生活すると内面から輝きだし肌色が明るくなってくるのではないでしょうか。

ニキビができても気にならないほどです。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ