「正しい洗顔」ではじめて見た驚きの泡!


正しい洗顔方法って、学校でも習わなかったし、イマイチよくわかっていませんでした。

今回「正しい洗顔」の動画を見て自分の洗顔方法との違いに驚きました。

泡で洗うといい、というのはなんとなくCMなんかで見て知っていたつもりですが、泡立てネットよりも手で泡立てたほうがもちもちの弾力のある固い泡になるとは知りませんでした。

いつも、ついついお手軽だから泡立てネットを使ってしまううんですよね。

手で泡だてると、手をさかさまにしても泡がたれてこないのに感動しました。

やっぱりちゃんとプロからスキンケアの方法を教わらないと、自己流ではお手入れに限界があるのかな~なんて思いました。

泡の密度が濃いと、肌のキメにはいりこんで行きやすく、毛穴の汚れがスッキリするそうです。

私は顔にプツプツができたり、鼻が黒ずんだりするのは、自分が正しい洗顔をしていなかったからなんだなと今回の動画を見て反省しました。

泡を顔に乗せる順番も、おでこ→鼻→あごの順番らしく、それも初耳でした。

汚れやすい、皮脂のでやすいところから洗うんですね。

ついついほっぺたに泡を押し付けていたなあと、動画を見ながら思い出していました。

今度からは順番を守って美肌を目指します。

また、顔をすすぐ水の温度も32℃~33℃くらいとそんなに高くなくていいとは知りませんでした。

熱すぎると感想の原因になるんですね。

次からの洗顔では、手でちょっとず水を足してもちもちの弾力泡で気持ちよく洗顔したいです。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ